入院費が払えない!どこからお金をかりるべきなのか?

入院費が払えない!どこからお金をかりるべきなのか?

入院した時のお困りごと

病気は、生きている限り避けられないものです。
病気知らず、どんなに健康一筋できた人でも、怪我や事故といった危険が世の中にはありますので、病院のお世話には絶対ならない、入院は絶対にしない、とは言い切れませんよね。
入院したとき、あってよかったと思うのが、入院保険ですが、そんないつ入院するかも分からないのに毎月払うのは嫌だ、と思っている人は別途入院費用を予め積み立てておくこともできます。

 

→→→入院保険についてはこちらから

 

予め貯金の中から、この分は万が一の入院に備えての分だ、と思える程貯金できている、という人は、かなりの計画性の高い人とお見受けします。
あなたが、筆者のような大雑把な小市民なら、取っていたと思っていた入院費用が、あれやこれやと消えてしまうことも。正直なところ、入院費というのは、退院してみないと正確な数字は分かりません。
元気に退院できるのは嬉しいことでも、さて、この高額な入院費用、どこから捻出しようか?と請求書を前に困っている方、そんな方のために、今回は、入院費用の支払いについていろいろと検証してみたいと思います。
入院費用でお困りの時に、安易に手っ取り早く、身近なもので用立てようというのは、NGです。まずは、これを読んでみてください。

 

入院費の悩みを解消する方法とは?

入院費用をカバーできるほどの現金がすぐには準備できない、と思えば、退院する日は喜びが一転、悩みを抱える日に変わってしまいます。
でもちょっと待ってください。あくまでも”その場”でまとまった金額が準備できないなら、それなりに実は、支払う方法があるんです。
例えば、病院には、支払いを待ってもらえるといった、対応が可能なところもありますし、支払い方法にも、いくつか選択肢があるところもあります。
健康保険制度にも、高額な入院費用に対する制度はいくつかあり、予め手続きをしておけば、立て替える必要もなく治療が受けられることもあります。
民間を見てみると、手軽に利用できるカードローンもあります。人によって、複数の方法を組み合わせればよりお得に安心して利用することができます。
というわけで、詳しい内容については、これから、一つずつ、見ていくことにしましょう。
この中には、あなたの頭を悩ませている入院費用の解決の鍵が、入っていますので、よ〜く読んで、安心して健康になって欲しいと思います。
まずは、健康第一、ですから。って、これって、某タレントさんが言っている「元気があればなんでもできる〜!」ですよね、正に。誰のことかお分かりですか?

 

→→→入院費用のお得情報はこちらから

入院費を工面する間に出来ること

自力でなんとか支払う!

まずは、自力で支払うことを考えてみましょう。
基本的には、入院費用は退院する際、一括で支払うことになります。
例えば入院保険を使う人でも、支払った後から領収証と決められた必要書類を持って手続きを行い請求しますので、立て替えて払っておく必要があります。
最近では大きな病院だと、クレジットカードが使えるところもありますので、近々収入があり支払える場合は、クレジットカードで支払えば現金を準備する必要はありません。
このような場合は、入院先の病院の会計に予め確認をしておきましょう。

 

クレジットカードを活用する!

 

クレジットカードもダメ、現金もない、という場合は、病院に相談をして分割払いにしてもらう、という方法もあります。
病院側から見ても、入院費を全く回収できないことに比べると、毎月少しでも返済してもらえる方が断然メリットがあります。
一度にまとまった額の返済ができないのなら、一度相談をしてみましょう。
病院によっては、支払方法の相談に乗ってくれ、問題解決のアドバイスをしてくれる専門スタッフを置いている病院もありますので、とにかく一度、病院に事情を話して解決策を一緒に探してもらいましょう。
負担を出来るだけ少なくしながら、支払いを進める道が見えるかもしれません。

 

病院に相談して分割払いにしてもらう!

入院費をカードローンで払う

もし、どうしても入院費を払うためのお金が準備できない場合、カードローンを利用してみる、というのはどうでしょう。

カードローンで支払う!

”ローン”と聞いただけで、また病気になりそうな程不安に思う人もいるかもしれませんが、カードローンは、実は、しっかり使い方を理解した上で使うと、とても便利なものなんです。
最近では、多くの金融機関、クレジットカード会社、消費者金融が、小額からまとまった金額まで融資可能なカードローンの商品を扱っています。住宅購入目的の住宅ローンや子供の進学目的の学資ローンといった、目的が限定されたものではなく、カードローンは、目的を問わず融資が可能です。
収入があれば誰でも融資可能ですが、専業主婦の方も融資が可能な会社もありますので、収入がないから、と諦める必要はありません。
<<<div class="rnd1 rbox2">目的が自由なカードローンもあり。
専業主婦でも借りられる場合あるから諦めるのはまだ早い。
申し込みも、ネットで出来、即日審査、当日融資実行が可能なところもありますので、あとは、立地条件や融資の条件、利息や返済プランを総合的に検討して、複数の会社の中から選ぶことが上手にカードローンを使うポイントになります。
しっかりした会社を選んで、しっかり完済すれば、カードローンは、とても便利なもの。
入院費用の心配がある人は、予めローン会社の申し込みだけ済ませておけば、電話1本で融資が即実行されますので、更に安心です。

ネットで申し込み可能。

即日審査、即日融資可能な場合もあり。

 

→→→お金を借りる時

足りない方はカードローンもあり

もしカードローンを検討しているならこちらこちらにあるような有名な金融業者を使うようにしましょう。町金や闇金など悪徳金融業者もはびこっているので、十分に気をつけるようにしましょう。テレビCMで見る会社、有名な銀行のローンであれば、間違いありません。お金を借りるときは計画的に!

カードローンで入院費を払う時のポイント

カードローンで入院費を払う際のポイントをもう少しお話しましょう。
まずは、前にも話に出た、しっかり信頼できる会社からお金を借りること、これが第一歩です。
契約して優位が実行されたあとに法外な金利を言われる、というのはよくあるトラブルです。
身分証明も不要で、他に高額な貸付けをしていても不問、審査もなく即融資が実行される、と聞けば、借りる側から見ると、夢のようなお話ですが、そのような条件で借りてしまっては、後で更に大きなペナルティが課せられることになりかねません。
多少高い利息でも、信頼度の高い会社から借りましょう。
更に付け加えると、支払い能力がある人(主に所得がある人)の入院か、それ以外の家族の入院か、によっても返済プランが少し異なります。
主な収入をになっている人の入院の場合、100%世帯の所得が回復する目処が立つまでは、金額を抑えて長期的な返済計画の方がオススメです。いずれにしても、収入の予定に合わせて、しっかり余裕を持って返済プランを組み、返済プランと条件をしっかり確認、納得した上で、お金を借りたいものです。
家族が健康になっても、入院費用がいつまでもネックになってしまっては、何のために健康になったか分かりませんので、カードローンを使って、心の負担を軽くするというのも一つの方法です。

信頼できる会社を選ぶ

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ